デジタルマーケティングの仕事内容は?必要なスキルや手法も解説

デジタルマーケティングの仕事内容は?必要なスキルや手法も解説

商品・サービスの販売や認知拡大に伴い、「デジタルマーケティング」を熟知した人材のニーズも年々高まっています。しかし、ユーザーとしてWebサイトやSNSを利用することと、仕事としてそれらをマーケティングに活用することは、大きく異なります。デジタルマーケティングを実行する「デジタルマーケター」になるには、一定の知識やスキルが必要なのです。

そこで、この記事ではデジタルマーケティングの仕事内容や具体的なマーケティング手法、関連資格などをご紹介します。デジタルマーケティングとは何かを知りたい方、デジタルマーケティングを仕事にしたい方はぜひ参考にしてください。

また、オンライン動画学習サービス「Udemy」では、デジタルマーケティングに関する動画講座も多く扱っています。具体的なスキル習得を目指したい方は記事内でご紹介するおすすめ講座もぜひチェックしてみてください

デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティングとはデジタルのデータやツール、技術などを駆使して行うマーケティング手法のことです。
WebサイトやSNS、アプリなどからユーザーの行動データを収集して分析し、ターゲットに対してあらゆるデジタルチャネルを活用して広告・宣伝、コミュニケーションを行い、商品・サービスの購入につなげます。

データに基づいて施策を行うため、従来の新聞やテレビなどを通じたマスマーケティングとは違って、よりターゲットを絞った精度の高いアプローチが可能となります。また施策を実行した後もデータにより比較的早いタイミングで効果が確認できるため、スムーズな改善ができます。

Webマーケティングとの違い

デジタルマーケティングはWebサイトを含む幅広いチャネルを使いますが、Webマーケティングは基本的にWeb上に限定した施策を指します。

独学するメリット・デメリット

たとえばWebマーケティングでは、WebサイトやLP(※1)の構築、SEO対策(※2)、インターネット広告などの手段で購入ページへの流入の増加、CVR(※3)の改善などを図ります。一方でデジタルマーケティングでは、Webサイトだけでなくアプリやメール、デジタルサイネージ(※4)なども活用します。そのためWebサイトだけでは難しかった既存顧客のファン化の促進、プッシュ型の情報発信、確度の高いデータ収集などもできます。

つまり、デジタルマーケティングはWebマーケティングを包含した、より広義なマーケティング手法といえるでしょう。

まずは全体像をしっかりと理解し、自分の担当しているサービスがどの領域に課題を抱えているのかやどういった手法が効果的かを考え、そこから必要な知識やスキルの習得を始めてみると良いでしょう。

※1:LP(Landing Page)とは:検索結果や広告経由で訪問者が最初にアクセスするページ

※2:SEO(Search Engine Optimization)とは:Webサイトを検索結果で上位に表示させて流入を増やすために、コンテンツなどを検索エンジンに合わせて最適化すること

※3:CVR(Conversion Rate)とは:Webサイトへのアクセスから購入・申込み(コンバージョン)に至った割合

※4:デジタルサイネージとは:店頭や駅などでディスプレイやタブレットを使って、情報を発信するシステム

デジタルマーケティングの仕事内容

デジタルマーケティングを行う「デジタルマーケター」は、主に次のような仕事を行っています。

STEP01 ペルソナ設計

Webサイトやアプリなどで収集したPV数(※)やクリック率などのデータ分析、市場調査、ユーザーインタビューなどを行い、商品やサービスのターゲットとなる「ペルソナ」を決めます。ペルソナの設定はマーケティングを行ううえでの核となるため、データが多く、かつその質が高ければ、より精度の高いペルソナを作りやすくなるでしょう。

※PV(Page View)数とは:Webサイトの特定のページが閲覧された回数のこと。

STEP02 施策立案と実施

ペルソナが決まったら会社やクライアントの意向、予算もふまえてSEO対策や広告出稿、メルマガ配信、SNS発信など、具体的なマーケティング施策の立案、またKPI(※)の設定を行い、デジタルチャネルを活用したマーケティングを進めていきます。施策の効果を図るために、実施後は必ずデータを取得しましょう。

※KPI(Key Performance Indicator)とは:目標達成のために、各プロセスにおける進捗を定量的に評価するための指標のこと。「重要業績評価指標」。

STEP03 結果のデータ分析

施策によりPV数、サイトの滞在時間、広告のクリック率、問い合わせや購入数などにどのような変化が起きたのか、データを分析して効果を検証します。

STEP04 レポート作成、施策改善

データ分析の結果、マーケティングの効果をレポートにまとめて上長やクライアントに提出します。結果をもとに改善策を検討してPDCAを回していくことで、マーケティングの精度は高まるでしょう。

デジタルマーケティングを進めていくうえで求められるスキル

効果的なデジタルマーケティングを行っていくためには、次のようなスキルが必要です。関連書籍を読んだりオンライン講座を受講したりして身につけていきましょう。

マーケティングに関する基礎知識

デジタルマーケティングはマーケティングの一手法であり、実務を進めていくためにはマーケティング全般の基礎知識が欠かせません。たとえばPEST分析や3C分析などの基本的なマーケティングの考え方を理解していなければ、広告代理店とのやり取りの際にコミュニケーションエラーが起きかねません。まずは基本的なマーケティング用語や考え方、フレームワークなどを理解しましょう。

マーケティングの基礎を学ぶ

情報収集スキル

Web3.0やAIの登場など、Web関連の技術やトレンドは移り変わりが激しく、時代の流れに合ったマーケティングを進めていくためには、常に最新の情報をキャッチアップしておかなければいけません。消費者の動向や社会トレンドだけでなく、トラブルを防ぐために国による規制強化などもウォッチする必要があり、デジタルマーケターには高い情報収集能力が求められます。

データ分析スキル

効果的なマーケティングを行うためには、データというファクトに基づいた施策の立案、効果検証が必須です。ユーザーの行動や広告に関する多様なデータを的確に解釈するために、基本的な統計学の知識のほか、データ分析ツールの使い方などを身につけておきましょう。

Web解析&データ分析の基礎を学ぶ

コミュニケーションスキル

スムーズにマーケティング施策を進めていくためには、社内やクライアントからしっかりとヒアリングを行いニーズをくみ取ったり、丁寧な説明をして施策を理解してもらうことが必要です。他部署の協力が必要になることもあるため、コミュニケーション力も重要な要素の一つです。

クリエイティブに関する基礎知識

メールやWeb広告、Webサイトなど、それぞれの施策の効果を高めるためには、魅力的なデザインや広告コピー、コンテンツをつくることが大事です。デザイナーやライターが担当する場合もありますが、ディレクションや最終判断はマーケター自身のため、クリエイティブに関する一定の知識は持っておきましょう。

デジタルマーケティングの主な手法

デジタルマーケティングにはさまざまな手法があります。ここでは代表的なものをご紹介します。

メールマーケティング

ユーザーは商品購入やメルマガ登録など、自発的な行動により企業にメールアドレスを提供しています。そのため企業が発する情報をしっかりキャッチしようとするユーザーが多く、メールマーケティングの広告・宣伝効果は比較的高いとされています。メールのタイトルやデザイン、送信時間を工夫したり、メール限定のクーポンを発行することなどを通じて、メールの開封率アップやサイトへのアクセス増加を図ります。

広告運用

広告にはリスティング広告やディスプレイ広告、アフィリエイト広告などいくつかの種類があり、表示媒体もWebサイトだけでなくSNSやアプリなどに広がっています。年齢層や地域・興味関心など、広告を表示する相手の条件を設定できる場合も多く、商品・サービスにマッチしたユーザーに訴求できれば高い広告効果が期待できます。

広告運用について学ぶ

SEO(検索エンジン最適化)

SEO(検索エンジン最適化)は、検索エンジンに合わせてコンテンツを最適化し、検索結果での自社サイトの上位表示を狙う手法です。市場リサーチ、キーワード設定、コンテンツの改善などにより、検索結果からサイト訪問へとつなげます。

SNSマーケティングについて学ぶ

コンテンツマーケティング

ユーザーの知りたい情報や悩みを解決する記事など、価値あるコンテンツを提供し、ユーザーからの信頼獲得とアクセス数の増加を図ります。記事や動画などのコンテンツは一度作っておけば長く活用できるため、継続的な流入にもつながります。

自社アプリ活用

アプリ利用者限定の情報発信や広告、クーポン配布など、ユーザーと近い距離でマーケティングを実行できます。お役立ちコンテンツの配信、ポイントカードとの連携、コミュニティ機能など、ユーザーに喜ばれるアプリを提供できれば、ファンの増加や売上の向上も期待できます。

デジタルマーケティングにおいて役立つ資格

デジタルマーケターになるために特定の資格は必要ありません。ですが、次のような資格を持っていれば実務に活用できるほか、スキルアップにもつながり自身の強みとしてアピールできるでしょう。

マーケティング検定

Webサイトなどから取得したさまざまなデータを解析するスキルを測る資格です。「ウェブ解析士」「上級ウェブ解析士」「ウェブ解析士マスター」の3つのグレードがあり、データの解析や課題の発見のほか、上級資格ではKPI設定、効果検証、戦略立案なども試験の対象です。Webを使ったマーケティングの現場で必須となる実践的な知識が身につくでしょう。

ウェブ解析士

統計検定は、統計に関する知識や活用力を評価する全国統一試験で、データに基づいて客観的に判断し、科学的に問題を解決する能力を持つことを証明する資格です。日本統計学会が主催しており、国際通用性のある統計活用能力の体系的な評価システムとして開発されています。

統計検定の合格に必要な勉強時間の目安は、3級で50~60時間程度、2級ではさらに50~60時間程度と言われています。1級になると200~300時間が必要とされています。

Webアナリスト検定

Googleアナリティクスを中心に、データの分析や改善のスキルを測る試験です。Web解析の基礎知識や用語のほか、Googleアナリティクスの読み取り能力が問われます。受検を通してデータ分析を体系的に学ぶことができるため、デジタルマーケティングで必須のWebサイトの運用に活用できます。

Udemyでデジタルマーケティングを学ぼう!

近年は大手だけでなく中小企業もデジタルマーケティングに取り組むようになっており、今後もデジタルマーケターの需要は高まっていくでしょう。仕事は多岐にわたり広範な知識とスキルが必要ですが、効果的なマーケティング施策を実行できれば販売の増加やキャリアアップも期待できます。Udemyでは、デジタルマーケティング初心者向けの基礎を学べる講座はもちろん、実務経験者向けのスキルアップにつながる講座も豊富にご用意しています。まずは気になる講座の内容をチェックしてみてください。

受講するまでの3ステップ

ステップ1.講座を探す
ステップ1.講座を探す
213,000以上のコースから、視聴したい講座を探しましょう。カテゴリやおすすめトピック、キーワードで講座を探せます。
ステップ2.講座を選ぶ
ステップ2.講座を選ぶ
プレビュー動画や他の受講生のレビューを参考に、あなたにぴったりの講座を選びましょう。
ステップ3.購入する
ステップ3.購入する
視聴したい講座が決まったら、「今すぐ購入する」ボタンから購入可能!30日間返金保証付き。