プロジェクトマネージャーとは?仕事内容や将来性について解説

プロジェクトマネージャーとは?仕事内容や将来性について解説

IT業界では、システム開発やソフトウェア開発など、さまざまなプロジェクトが行われています。その中でプロジェクト全体を統括し、目標達成に向けてチームを率いる役割がプロジェクトマネージャー(PM)です。

しかし「プロジェクトをまとめる」という大まかな役割は理解していても、具体的にどのような業務を担当するかまで細かく把握できていない方も多いでしょう。そこで本記事ではプロジェクトマネージャーについて、具体的な仕事内容や求められるスキルや資格、平均年収などを詳しく解説します。

プロジェクトマネージャーへの昇進や転職を目指している方や、なりたてで仕事内容を詳しく知りたい方はぜひ最後までご覧ください。また、オンライン動画学習サービス「Udemy」では、プロジェクトマネジメントに関する動画講座も多く扱っているので、具体的なスキル習得を目指したい方は記事内でご紹介するおすすめ講座もぜひチェックしてみてください。

プロジェクトマネージャー(PM)とは

プロジェクトマネージャー(PM)とは、プロジェクト全体を管理する責任者のことです。プロジェクトの計画立案からチームの編成、プロジェクトの進捗確認・管理など、プロジェクトに関わるすべての要素を把握し調整することで、プロジェクトの成功に貢献します。ここではプロジェクトマネージャーについて、混同しがちな「プロジェクトリーダー(PL)」「プロダクトマネージャー」との違いを解説します。

プロジェクトリーダー(PL)との違い

プロジェクトマネージャーと似た職種にプロジェクトリーダー(PL)があります。プロジェクトリーダーもプロジェクトマネージャーと同様にプロジェクトを推進・管理する役割ですが、下記のように業務範囲や責任が異なります。

プロジェクトマネージャー(PM)
  • プロジェクト全体を統括する
  • ステークホルダーへの報告、折衝を担当する
プロジェクトリーダー(PL)
  • PMが立てた計画に沿ってチームを率いる
  • 社外的な交渉は行わない

つまり現場の責任者として進行に携わるプロジェクトリーダーに対して、より上流工程を担うのがプロジェクトマネージャーです。両者の関係性を図で表すと、下記のようになります。

プロダクトマネージャー(PdM)との違い

プロジェクトマネージャーとプロダクトマネージャー(PdM)の最大の違いは、マネジメントの対象にあります。プロジェクトマネージャーとプロダクトマネージャーの違いを理解するために、まずは「プロジェクト」と「プロダクト」のそれぞれの意味を見ていきましょう。

  • プロジェクト(project):特定の目的を達成するために構成される組織や業務
  • プロダクト(product):企業が提供する製品・サービス

つまりプロジェクトマネージャーがシステム開発やアプリ開発など”計画全体”を管理するのに対し、プロダクトマネージャーは製品やサービスの企画・製造から販売戦略の立案など”製品”の製造に関わる一連の工程を管理する役割を担います。プロダクトマネージャー(PdM)の役割や具体的な実践スキルについて学びたい方は下記講座がおすすめです。

プロダクトマネジメントについて学べる講座

【ウェブ・アプリ開発のプロダクトマネジメントをケースで学ぶ】プロダクトマネージャー入門
田辺 めぐみ
プロダクトマネジメント入門講座:作るなら最初から世界を目指せ!シリコンバレー流Product Management
曽根原 春樹
超実践的!PM(プロダクトマネージャー)の必須スキル ~シリコンバレー、メタ等からの豊富なソフトウェア開発事例を基に
Taku Kawane
未経験者でもスッキリ分かる!初心者のためのプロダクトマネージャー超入門
伊藤 景司
プロダクトマネジメント実践講座: シリコンバレーの現役プロダクトマネージャーが伝授する、世界の最前線で使われるKPI
曽根原 春樹
プロダクトマネジメント入門講座: シリコンバレーの現役PMが伝授するBtoBプロダクトマネジメント
曽根原 春樹
プロダクトマネジメント実践講座: シリコンバレーの現役プロダクトマネージャーが伝授する、伝わるプロダクトアイデアの書き方
曽根原 春樹
<PdM>あなたの現場のプロダクトマネージャー講座
Shunsuke Sawada
先輩PMから学ぶ、活躍するプロダクトマネージャーのなり方
松原 泰之
プロダクトマネジメント実践講座: シリコンバレー企業達が採用する心理学ベースの最新ユーザー理解手法
曽根原 春樹
プロダクトマネジメント実践講座: シリコンバレー企業の現役PMが伝授する、プロダクトの成長を加速するロードマップの書き方
曽根原 春樹

プロジェクトマネージャー(PM)の仕事内容

プロジェクトマネージャーの仕事内容は、大きく分けて以下の3つのフェーズに分かれます。

STEP01 目的を明確にする

プロジェクトを成功させるためには、まずプロジェクトの目的を明確にすることが必要です。目的が曖昧だとプロジェクト全体の方針が決まらず、チームメンバーの足並みが揃いません。結果として遅延やフォーカスすべき部分のズレによる品質低下を招く可能性もあります。そこでプロジェクトの目的を明確にするために、スコープ管理を行います。

スコープ管理

スコープ管理とは、クライアントの要望をヒアリングし、プロジェクトの目標やそのために必要な成果物・作業範囲(=スコープ)を決めることです。スコープ管理を行うことによりプロジェクトにおいて行うべきことがはっきりし、無駄な作業やコストの増加を防ぐことができます。

分かりやすく例を挙げてみましょう。ここでは、A社からB社へスマホアプリの開発を委託するプロジェクトの事例を考えてみます。

このプロジェクトでは、A社がアプリで実現したい機能やコンセプトを提供し、B社がその要望に応じたアプリの開発を行います。そこでスコープ管理では、「ユーザーインターフェースの設計」「機能の開発」「テストと品質保証」など、開発プロセスの各段階を明確にしたうえで、A社とB社の間でどのタスクがA社の責任範囲にあり、どのタスクがB社によって行われるのかを決定します。たとえばユーザーのニーズに基づいた機能の提案はA社が行い、その機能を実現するためのコーディングはB社が担当する、といった具体的な役割分担がスコープ管理の一環となるのです。

このようにプロジェクトのスコープを適切に管理することで、両社は効率的にプロジェクトを進めることができます。

STEP02 プロジェクトの計画を立てる

プロジェクトの目的や作業範囲を明確にしたうえで、それらを期間内に達成できる計画を立てることもプロジェクトマネージャーの仕事です。プロジェクトの計画立案では、おもに下記2つの業務を行います。

  • 開発計画の策定・チーム編成
  • ステークホルダーとのコミュニケーション

開発計画の策定・チーム編成

「①目的を明確にする」のスコープ管理で定めた作業範囲をもとに、いつ・誰が・どのように・何をするのかを計画書に落とし込みます。

チーム編成では、たとえば「フロントエンド開発者」「バックエンド開発者」「UI/UXデザイナー」など、プロジェクトに必要な専門知識を持つ人材を集めます。この際、高い専門性を持つ人材や、積極性が高い人材、コミュニケーション能力が高い人材など、チームのバランスを見て人材を選出することが大切です。

また、社内リソースが不足している場合、外部パートナーとの交渉も必要です。予算内でプロジェクトを円滑に進められる環境を構築することが求められます。

ステークホルダーとのコミュニケーション

プロジェクトを円滑に進めるためには、ステークホルダーとの関係を良好に保つことが求められます。

プロジェクトにおけるステークホルダーとは、プロジェクトの実行や結果の影響を受ける関係者のこと。ステークホルダーとのコミュニケーションを怠ってしまうと、たとえば決定権を持つ人物から突然仕様変更を言い渡されるなど、プロジェクトの進行に大きな影響を及ぼしてしまいます。

そのためステークホルダーとは適切にコミュニケーションを取り、計画段階から協力関係を築いておくことが重要となるのです。

プロジェクトマネージャーとして仕事を進める上での実践的なテクニックについては、下記講座の受講がおすすめです。

STEP03 プロジェクトを推進・管理する

プロジェクトの計画を立てたら、次は実際にプロジェクトを推進・管理するフェーズに入ります。この段階でのプロジェクトマネージャーの具体的な管理項目は以下の4つです。

  • スケジュール管理
  • 品質管理
  • コスト管理
  • リスク管理

スケジュール管理

スケジュール管理では、「②プロジェクトの計画を立てる」で立てた計画を踏まえ、プロジェクトが予定通りに進行するよう進捗を管理します。たとえば「製品デザインの確定」や「プロトタイプのテスト」といったマイルストーンを特定し、それぞれに対して現実的な期間を割り当てます。

さらにクライアントや社内上層部への進捗報告や、仕様変更の要望を受けた場合のスケジュール調整・交渉もプロジェクトマネージャーが行います。

品質管理

プロジェクトで開発される成果物は、クライアントの要求を満たす品質であることが不可欠です。そこで品質管理では品質基準の設定や中間成果物の検証、フィードバックを行い、成果物の品質向上・保持を図ります。

たとえば「ソフトウェアのバグ発生率を0.1%未満に抑える」のような具体的な品質目標を設定し、それらをクリアしていくことで成果物の品質を向上させていく形です。またプロジェクトの品質を記録することで、問題発生時に原因を調査し再発防止策を講じることができます。

コスト管理

コスト管理は、プロジェクトを予算内に完了させ、利益や収益を確保するために行われます。コスト管理の際はまず、プロジェクトの各フェーズで必要とされるリソースを明確にし、それにかかる費用を詳細に見積もりましょう。

たとえばソフトウェア開発プロジェクトにおけるコスト管理なら、人件費、ソフトウェアライセンス、サーバー使用料、外部コンサルタントの費用など、プロジェクトに関連する全てのコスト要素を慎重に評価し、予算計画を立てます。

また、コスト管理では予算に対してプロジェクトの実際の費用や予算の消化状況を測定・分析・評価することで、コストパフォーマンスや問題点を把握します。プロジェクト完了時には最終的なコストの分析も必要です。

リスク管理

プロジェクト進行中には予期せぬトラブルが発生し、計画の変更を余儀なくされることもあります。そこでプロジェクトの推進・管理フェーズでは、あらかじめ想定できるリスクを特定し、対応策を決めておく必要があるのです。

プロジェクト進行中に起こり得るリスクの一例としては、技術的な障害や資源の不足、タイムラインの遅延、予算超過などが挙げられます。またリスクが顕在化していない間にも、常に状況を監視しておくことが求められます。

こうしたプロジェクト進行におけるさまざまな管理業務もポイントを学ぶことで、確実な進行や効率アップにつながります。

プロジェクトマネージャー(PM)に求められるスキル・知識

プロジェクトマネージャーに求められるスキル・知識として、特に重要とされるものは以下の4つです。
  • マネジメントスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 開発内容に関する知識
  • 新しい開発手法に対応するスキル

マネジメントスキル

決められた期限までにクライアントの要求を満たす成果物を開発するためには、プロジェクトの目標やスケジュール、予算、品質、リスクなどを同時に管理することが求められます。そのためにはマネジメントスキルが不可欠です。

マネジメントスキルは、下記のような能力で構成されています。

  • コーチングスキル
  • 意思決定力
  • 論理的思考力
  • 状況分析力
  • 課題解決力

マネジメントスキルによってプロジェクトの成否が分かれるといっても過言ではなく、プロジェクトマネージャーには必須のスキルといえます。

コミュニケーションスキル

プロジェクトマネージャーはステークホルダー、チームメンバー、クライアントなど、プロジェクトに関わるさまざまな人とコミュニケーションを取る必要があります。そのため、プロジェクトの状況を正確に伝え、チーム内外の人々との関係を構築・維持するためのコミュニケーションスキルが必要です。

「クライアントにも分かるような言葉で説明する」「チームメンバーが報告・相談しやすい環境を作る」など、各方面への配慮に基づいた場づくりがプロジェクトの成功につながります。

開発内容に関する知識

プロジェクトマネージャーには、開発内容に関する知識も必要です。

開発内容に関する知識がなければ、プロジェクトの目的や要件を正しく定義したり、チームメンバーの業務内容や進捗状況を把握したりすることができません。プロジェクトマネージャー自身が開発業務にあたることは少ないものの、クライアントからの信頼度にも関わることからも、技術的な知識は不可欠といえます。

新しい開発手法に対応するスキル

現代のビジネス環境は常に変化しており、新しい開発手法やツールが登場しています。アジャイル開発(※1)やデザイン思考、DevOps(※2)、ノーコード/ローコードツール(※3)など新しい開発手法をいち早く取り入れることで、プロジェクトマネージャーとしての市場価値を高められるでしょう。

新しい開発手法に対応するためには、動画学習サービスが効果的です。Udemyでは、プロジェクトマネージャーの基礎知識からトレンドの開発手法まで、下記のように多彩な講座を取り扱っています。

※1 アジャイル開発とは:「計画→設計→実装→テスト」の開発サイクルを小単位で繰り返していく開発手法。開発期間が短縮されることからアジャイル(素早い、機敏な)と呼ばれる

※2 DevOpsとは:「開発(Development)」と「運用(Operations)」を組み合わせた造語。開発担当と運用担当が密に連携し、柔軟かつスピーディーにシステム開発を行う手法を指す

※3 ノーコード/ローコードツールとは:プログラミングの知識がなくてもアプリケーションやシステムを開発できるツールや開発手法の総称。ノーコードはソースコードを記述することなく開発する手法、ローコードは必要最低限のソースコードを記述しながら開発を行う手法を指す

プロジェクトマネージャー(PM)に役立つ資格は?

プロジェクトマネージャーになるために必要な資格はありません。しかし下記の資格を取得することで、プロジェクトマネージャーとしての知識やノウハウをアピールできます。
  • プロジェクトマネージャ試験
  • プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル
  • PMO-S™シリーズ
  • ITストラテジスト試験
  • 応用技術者試験

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験とは、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する国家資格試験です。一般的なプロジェクトマネジメントの知識だけでなく、ITに関する専門的な知識も求められます。

情報処理技術者試験の一区分であり、試験制度のレベル4に相当することから、取得難易度の高い資格といえます。取得すればプロジェクトマネジメントにおける十分な知識の証明となるでしょう。

プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル(PMP)

プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル(PMP)は、米国の非営利団体であるプロジェクトマネジメント協会(PMI)が認定する国際資格です。業界や国境を越えて通用する資格であり、グローバルなプロジェクトに携わる場合に有利となります。

プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル(PMP)を受験するには、最低2年以上の実務経験が必要です。また試験はPMIが定めるプロジェクトマネジメント知識体系(PMBOK)に沿った内容となります。

PMO-S™シリーズ

PMO-S™シリーズは、一般社団法人日本PMO協会が認定する資格です。プロジェクトマネジメントオフィス(PMO)の専門家としての能力を証明する資格であり、PMO-S(★)、PMO-S(★★)、PMO-S(★★★)の3つのレベルに分かれています。

プロジェクトマネージャ試験、プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル(PMP)と比較すると難易度は低いため、プロジェクトマネジメント初級者~中級者におすすめの資格です。

ITストラテジスト試験

ITストラテジスト試験は、プロジェクトマネージャ試験同様、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する国家資格試験です。経営戦略やビジネスモデルに沿ったIT戦略を立案・推進する能力を問われます。

取得すればプロジェクトマネージャーとしてだけでなく、ITコンサルタントや情報システム部門のリーダーとしてのキャリアアップが期待できます。ただしレベル4の高度試験に該当することから、取得難易度は高めです。

応用技術者試験

応用技術者試験は、情報処理技術者試験の中で、プロジェクトマネージャ試験やITストラテジスト試験よりも一段下のレベルの試験です。システム開発や運用管理などの実務において、高度な技術や知識を持ち、自ら解決策を提案・実行できる能力を問われます。

応用技術者試験の資格を取得することで、プロジェクトマネージャーになる前のステップとして、プロジェクトリーダー(PL)やシニアエンジニアとしての活躍が期待できます。

プロジェクトマネージャー(PM)の求人傾向

ここでは、プロジェクトマネージャーの求人傾向について解説します。

求人数

厚生労働省が発表している「一般職業紹介状況」によると、IT業界の新規求人数は2020年より毎年増加傾向にあります。2020年にはコロナ禍の影響を受け求人数が減少しているものの、2023年下半期にはコロナ禍前の2019年を上回る求人数が記録されており、今後の求人数増加が予想されます。

▲データ参考:一般職業紹介状況(厚生労働省)2013-2022年調査結果/2022-2023年調査結果

市場の成長に伴い、プロジェクトマネージャーの求人数も増加が見込まれます。2024年2月にレバテック株式会社が公開した「ITエンジニア・クリエイター正社員転職/フリーランス市場動向 2023年12月」では、プロジェクトマネージャーの正社員求人数が前年同月比125.7%を記録したことが発表されました。

またパーソルキャリア株式会社が公開した「ITエンジニア中途採用マーケットレポート(2023年12月発行)」においても、Webサービス系プロジェクトマネジャー・エンジニアの求人数は2023年上半期から下半期にかけて微増しており、複数の転職サービスでプロジェクトマネージャーの求人数が増加傾向にあることが読み取れます。

転職難易度

プロジェクトマネージャーの需要は増加傾向にありますが、転職難易度は比較的高いとされています。

その理由はプロジェクトマネージャーに求められるスキルの高さです。採用を行っている企業の多くは3年以上の経験者を求めており、採用条件として経験やスキルが重視されていることが伺えます。

ただし経験者であっても過去のプロジェクトでの成果や特定のスキルセットが問われることから、プロジェクトマネージャーの経験が転職の成功に直結するとは限りません。プロジェクトマネージャーの経験がある人も、またこれからプロジェクトマネージャーを目指す人も、さまざまなプロジェクトに参加し対応できる案件を増やすことや、自発的な学習によるスキル習得が転職の鍵となるでしょう。

プロジェクトマネージャー(PM)になるには

プロジェクトマネージャーは経験が重要視される職種です。よって、プロジェクトマネージャーになるには、プロジェクトマネジメントの経験を積み、スキルを伸ばしていく必要があります。
ここではプロジェクトマネージャーになるための具体的な方法として、下記3つを解説します。

  • 上流工程の経験を積む
  • プロジェクトリーダーになる
  • スキル習得に励んで自らチャンスを作る

上流工程の経験を積む

上流工程とは、プロジェクトの目的や要件を定義したり、設計したりする工程のことです。上流工程では顧客のニーズや課題を把握し、最適なソリューションを提案する能力が求められることから、コミュニケーションスキルや交渉力、提案力を培うことができます。

また上流工程ではステークホルダーや開発チームとのコミュニケーションも活発に行われます。そのため上流工程の経験を積むことで、関係者との信頼関係を築くことができるのです。

具体的には要件定義への積極的な参加を行い、顧客とのミーティングへの参加や、要件仕様書の作成をサポートするなど上流工程の業務でカバーできる範囲を少しずつ増やしていきましょう。

プロジェクトリーダーになる

プロジェクトリーダーとしてマネジメント経験を積むことも、プロジェクトマネージャーになるために有効です。

プロジェクトリーダーを経験することで、プロジェクトの計画や進捗、品質、コストなどを管理する能力が身につきます。またチームビルディングやリーダーシップなど、対人スキルも伸ばすことができます。

まずは小規模プロジェクトのリーダーに積極的に手を挙げるところから始めましょう。

スキル習得に励んで自らチャンスを作る

プロジェクトマネージャーになるには、日頃からスキル習得に励んでおくことも重要です。

昇進のチャンスに即座に対応できるよう、オンライン学習サービスや研修プログラム、講習会などを活用し、プロジェクトマネジメントに関するスキルを高めておきましょう。また必須ではありませんが、資格取得を目標にすることも知識の習得に効果的です。

まずは下記のような講座を受講し、プロジェクトマネジメントの基礎を固めておくことをおすすめします。

プロジェクトマネージャー(PM)のキャリアプラン

プロジェクトマネージャーには、自分の得意分野や目指す方向に応じて、さまざまなキャリアアップの道があります。ここでは、代表的な2つのキャリアプランを紹介します。

ITコンサルタントへキャリアアップ

プロジェクトマネージャーのキャリアプランの一つに、業務経験を活かしてITコンサルタントになる道があります。

ITコンサルタントとは、ITを活用してクライアント企業の経営課題を解決する専門家のことです。プロジェクトマネージャーより上流工程を担当する職種であり、さらに高い提案力や企画力が求められます。

PMO部門への異動

PMOは「Project Management Office(プロジェクト・マネジメント・オフィス)」の頭文字を取った言葉で、プロジェクトマネジメントを支援する部門や組織のことを指します。いわばプロジェクトマネジメントの専門家であり、プロジェクトマネージャーの経験を大きく生かせる部門です。

プロジェクトマネジメントの分野において、より戦略的な立場で働きたい方におすすめのキャリアプランといえます。

まとめ

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの目的や作業範囲、予算、スケジュールなどを管理する責任者です。近年ではIT業界の市場規模拡大を受けて需要が増加しているうえ、年収が高いポジションであることからも注目の職種といえます。

しかしプロジェクトマネージャーは求められるレベルが高く、自発的なスキルアップが昇進・転職の鍵となるでしょう。

Udemyでは、プロジェクトマネジメント力を高めるための動画講座を多く取り扱っています。これからプロジェクトマネージャーとして活躍していきたい方は、ぜひUdemyの動画講座を活用し、自身のスキルアップにお役立てください。

受講するまでの3ステップ

ステップ1.講座を探す
ステップ1.講座を探す
213,000以上のコースから、視聴したい講座を探しましょう。カテゴリやおすすめトピック、キーワードで講座を探せます。
ステップ2.講座を選ぶ
ステップ2.講座を選ぶ
プレビュー動画や他の受講生のレビューを参考に、あなたにぴったりの講座を選びましょう。
ステップ3.購入する
ステップ3.購入する
視聴したい講座が決まったら、「今すぐ購入する」ボタンから購入可能!30日間返金保証付き。