生成AIの活用方法は?
アイデアや企業の事例を紹介!

生成AIの活用方法は?
アイデアや企業の事例を紹介!

近年、毎日のようにニュースで目にするようになった「生成AI」。ChatGPTに代表される生成AIが世界的なブレイクスルーを興しつつあり、これからのビジネスに必須の存在になる可能性は高いでしょう。

しかし、一方で「生成AIで何ができるのか」「自分たちが抱えている課題を解決できるのか」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。今回は生成AIについて、どんな業務に活かせるのか、どんな活用メリットがあるのかを事例を踏まえて紹介していきます。

生成AIの活用を検討している方は参考にしてみてください。

また、Udemyでは生成AIツールに関する動画講座も多く扱っているので、具体的な活用方法を知りたい方はこちらをチェックしてみてください!

生成AIの種類

まずは生成AIにどのような種類があるのか見てみましょう。
生成AIの種類

テキスト生成AI

テキスト生成AIとは、質問や「プロンプト」と呼ばれる指示文章をフォームに入力することで、自動的にテキストを生成してくれるAIのこと。入力した内容をAIが解析し、適切な答えを返してくれます。長文の要約やキャッチコピーのアイデア創出、プログラミングのコード生成など、様々な作業が自動化可能です。

OpenAIが開発した「ChatGPT」やGoogleが開発した「Bard」などが有名で、実際に活用したことのある方も多いのではないでしょうか。

画像生成AI

画像生成AIとは、テキストで指示するとイメージを具現化したオリジナルの画像を生成できるAIのこと。また、テキストだけでなく、学習元になる画像から全く新しい画像も生成できます。実写風やイラスト風など、指示や設定次第で生成される画像の方向性を変えることも可能です。

有名なサービスには「Stable Diffusion」や「Midjourney」「Adobe Firefly」などがあります。ほかにも、2023年9月にOpenAIが開発した画像生成AI「DALL-E 3」は、ChatGPTに相談しながらプロンプトを作成することで、よりユーザーのニーズに近い画像を作れるようになりました。

音声生成AI

音声生成AIとは、入力した音声を解析して、新たな音声を生成したり文字起こしをしてくれるAIのこと。たとえば、ある一人の声を大量に学習させると、その人の声質と全く同じ声で、さまざまな文章を自由に話す音声を生成することが可能です。

また、ミーティングや動画の様子を読み込ませて文字起こしすることで、議事録や字幕なども簡単に作成できます。他にもハンズフリー操作やコールセンターでのお客様対応など、幅広いシーンでの利用が期待されています。

テキスト生成AIの活用事例

テキスト生成AIの活用事例

アイデアの壁打ち、悩みの相談

テキスト生成AIの中でも特に大きな期待を集めているのが、仕事の課題や悩みを相談したり、アイデアの「壁打ち」相手になってもらうこと。仕事をしていれば課題を抱えたり、悩み事があるのは常ですが、相談できる適切な相手がいない場合も問題の一つです。

そんな時に生成AIに相談をすると、解決策を提示してくれます。返信に対して改めて質問を重ねることで、より深い解決策を見つけられるでしょう。ビジネスのアイデアに困った時も、生成AIに相談することでヒントを出してくれます。企画やコピー文を考える際の糸口にもなるでしょう。

メール・原稿案の作成

メールも生成AIが適切な文案を提示してくれます。仕事をしているとメールを書く機会も多く「なんて書けばいいのか」と考えているだけで時間がすぎてしまうもの。特に見込み顧客への営業メールや、キャンペーン用のメールは、文章の書き方一つで成果は大きく違ってきます。

マーケティングに特化した生成AIを使えば、クリックしたいと思ってもらえるようなメッセージを作ってくれるので、読者の満足度も高められるでしょう。読者のセグメントごとにメッセージを作ることも可能なので、開封率向上も期待できます。

プログラミングのコード生成やチェック

コード生成AIは、ソースコードを自動的に生成するAIのこと。様々なプログラミング言語を理解し、テキストで指示を出すことでコードを生成してくれます。大量のコードデータを分析し、各コマンドや機能がどのように動作するのか学習しながらコードを作ってくれるのです。

コード生成AIの応用は非常に幅広く、ウェブ開発、データベース管理、そしてクラウドベースのアプリケーションの構築など、多岐にわたります。コードのチェックも可能なため、コードの品質を向上させ、開発時間を短縮し、より複雑なプログラミングタスクも簡素化できるでしょう。

翻訳

生成AIを使えば、外国語の翻訳も簡単に行えます。翻訳業務はこれまでコストが高く、スピードも属人的だという課題がありました。しかし、生成AIを使えばコストを下げられるだけでなく、誰が行なっても瞬時に翻訳することができます。

ただし、翻訳には正解がないため、生成AIに全ての仕事が奪われるというわけではありません。機械的な作業はAIに任せて、細かい部分を人間がチェックしてよりよい表現にすれば、翻訳者のよい相棒として活躍してくれるでしょう。

画像生成AIの活用事例

テキスト生成AIに続いて、画像生成AIの活用事例について見ていきましょう。

バナー案の作成

画像生成AIを使えば、イメージに沿ったバナー案も作成してくれます。作り方は非常に簡単で、何を書いてほしいかテキストを入力すればいいだけ。単語を入力するだけでもアイデアを出してくれるので、細かくイメージが固まっていなくても大丈夫です。

Webサイトデザイン案の生成

これまでサイトデザインを作るのはデザイナーの仕事でしたが、生成AIを使えばノンデザイナーでもサイトデザイン案を作ることが可能です。Midjourney×Canvaなど生成AIツールのかけ合わせで、高品質なWebサイトデザインを生成できたり、誰もが気軽にサイトデザイン案を作れるようになりました。

また既存のサイトを読み込んでもらい、テキスト生成AIにHTMLとCSSを作成してもらうこともできるため、デザイナーの業務を効率化することも可能です。デザイナーであっても、そうでなくても、より効率的・効果的にサイトデザインを作れるでしょう。

企業での生成AI活用事例を紹介

【ベネッセホールディングスの事例:生成AIを活用したWebサイト制作】
企業での生成AI活用事例を紹介

ベネッセホールディングスは、2023年にメンバーズ社、ビービット社と共同で生成AIを活用したPoCを実施しました。生成AIとノーコードツールを活用して「進研ゼミ 中学講座」のサイトを制作することにより、コストを4割減少させ、制作期間は8週間から3週間に短縮。(出典)

加えて人数体制も7割減らすことに成功し、本格的に生成AIを導入することを発表しました。次年度には、「進研ゼミ」におけるWebサイトの業務プロセスを全面的に改革する予定です。

生成AIのメリット

生成AIを使うことでどのようなメリットが得られるのかも紹介していきます。

コスト削減・生産性向上

生成AIを活用することで、コストを削減すると同時に生産性も向上してくれます。たとえばデータ入力や文章の制作は人が行うよりもAIの方が素早く、かつ正確に行えます。それだけ、よりクリエイティブな仕事に集中できるため、生産性を向上できるでしょう。

AIができる仕事をするために雇っていた人件費や採用コスト、教育コストも削減できるため、より事業の価値を高めることに投資できるのも大きなメリットです。そのためにも、AIで何ができるのか、人が本当にやるべき仕事は何なのかを把握することが重要になります。

クオリティの標準化

生成AIを導入することで業務を標準化し、業務プロセスのクオリティを担保できるのも大きなメリットです。たとえば顧客からの問い合わせに対する対応を人が行っていると、担当する人によってレスポンスの早さやクオリティにも差が生じてしまうでしょう。

生成AIを使って自動対応にすれば、即座に対応できるため、顧客の満足度を高められます。問い合わせ対応に限らず、ルーティンワークや繰り返しの多いタスクでは、特にその効果を発揮してくれます。

アイデア出し、悩み事の相談

仕事をしていれば、アイデアに行き詰まって手が止まってしまうこともあるでしょう。上司や同僚に相談するとなれば、その人の時間を奪うことになり、全体の生産性を落とすことにもなります。

生成AIであれば、困ったことがあればすぐに相談できるため、それだけ解決までの時間を短縮できるでしょう。デザインのような抽象的なこともアイデアを出してくれるため、業務を大きく効率化してくれます。

生成AIのリスクや注意点

多くのメリットのある生成AIですが、当然ながら注意点もあります。
生成AIを導入する際には、しっかりデメリットを把握して効果的に活用しましょう。

生成されたコンテンツの著作権

生成AIを使って画像や音楽を作成する場合は、その著作権をしっかり確認しておきましょう。たとえばAIが特定のアーティストのスタイルを模倣した新しい音楽を生成した場合、著作権を侵害する可能性があります。

商標権やデザイン権も同様に、問題に繋がる可能性はゼロではありません。生成AIを導入する場合は、作成されたものの著作権がどこに属するのかよく確認してください。また、自分たちが作った生成物を他社が利用できるかどうかも確認が必要です。

機密情報を取り扱わない

生成AIを活用する際には、大量の社内データを処理し分析させることがあります。その際に機密情報や個人情報を読み込ませてしまうと、情報漏洩のリスクが高まります。特に適切な管理やセキュリティ対策がとられていない場合、第三者に情報が漏れ、サイバー犯罪に繋がる可能性もあるので注意しましょう。

生成AIを導入する際にはセキュリティ教育を徹底すると共に「機密情報を扱わない」などのルール作りも行いましょう。

情報が正しいか必ず確認する

生成AIによって作成されたコンテンツは、責任の所在が不明確になる可能性があります。もしも間違った情報を発信してしまい、読者に誤解を生じさせてしまった場合、会社のブランドにも大きなダメージを与えてしまいます。

特にニュースや健康など、情報の正確性が特に求められる分野では、発信前に必ず人の目で事実確認する必要があります。生成AIを導入する際には、適切な監視と検証の仕組みを確立し、責任の所在を明確にすることが重要です。

Udemy講座で生成AIを学ぼう!

以上、生成AIの活用やメリットを事例を交えて紹介しました。注意点を守り、生成AIを活用することで仕事の生産性をアップさせてみてはいかがでしょうか。Udemyでは、生成AIツールの使い方や具体的な活用方法を学べる動画講座も多く扱っています。目的にあった講座を見つけて、ぜひスキルアップに役立ててみてください。

プロンプトエンジニアリングの基礎力を習得する講座

指示や命令を最適化することでより良い回答を得る方法など

受講するまでの3ステップ

ステップ1.講座を探す
ステップ1.講座を探す
213,000以上のコースから、視聴したい講座を探しましょう。カテゴリやおすすめトピック、キーワードで講座を探せます。
ステップ2.講座を選ぶ
ステップ2.講座を選ぶ
プレビュー動画や他の受講生のレビューを参考に、あなたにぴったりの講座を選びましょう。
ステップ3.購入する
ステップ3.購入する
視聴したい講座が決まったら、「今すぐ購入する」ボタンから購入可能!30日間返金保証付き。